このサイトではハウスメーカーに依頼して建てていた住宅が完成したとき、メーカーの担当者へお礼をしたほうがよいのかという疑問にお答えしています。
また住宅メーカーにリフォームを依頼するメリットや、メーカー選びの決め手となるポイントに関して、注文住宅を建てる際には、木造にするか鉄骨が良いのか、どちらを選ぶべきかといったことも扱っているサイトです。
さらに依頼する前に知っておきたい、ありがちなトラブルについてもご紹介しています。

無事に家が完成!ハウスメーカーへのお礼は必要?

無事に家が完成!ハウスメーカーへのお礼は必要? 完成するまでに色々とお世話になったハウスメーカーの担当者には、家がようやく完成した際に何かしらのお礼をした方が良いのかと迷う人もいるのではないでしょうか。
長い時間を掛けて建てた家が完成したときには、親身になって手を貸してもらったことに関して、お礼の気持ちを伝えたい気分になるものです。
確かに迷うところではありますが、基本的には何かものを贈らなくてはならないということはありません。
そのためお礼が必要かといえば、不要であると言えるでしょう。
とはいえ、実際のところは菓子折りを渡す人が多くいるようです。
また直筆の手紙で感謝の気持ちを伝えると喜ばれることも多くあります。
しかしハウスメーカーの担当者の方へ、わざわざ現金や金券を渡す必要はありません。

ハウスメーカーや工務店のランクを見てみよう!

ハウスメーカーや工務店のランクを見てみよう! ハウスメーカーや工務店の数があまりにも多すぎて、一体どの会社を選んで住宅を建築してもらえばいいのか分からないという方は多いでしょう。
大切な家族と住むマイホームを建てたいのであれば、尚更評判の良い会社をしっかりと選ばなければなりません。
そこで、今大注目されているハウスメーカーや工務店のランクはどうなっているのかをご紹介していきます。
顧客満足度5年連続で第1位に輝いているのが、居心地の良さとおしゃれで特別な空間を大切にした住まいづくりを目指している「スウェーデンハウス」です。
北欧住宅の代名詞とも言える会社であり、日本で一番選ばれている信頼性の高さが魅力です。
日本に居ながら異国に住んでいるような感覚を味わえるだけではなく、高気密・高断熱・遮音性にも優れた住まいを実現させてくれます。
第2位に選ばれているのは、CMや看板などで一度は目にしたことがあるであろう「住友林業」です。
木造住宅を建築するなら住友林業と言われているほど大人気であり、厳選された上質な木材を使用した耐震性抜群の住宅を手に入れることができるでしょう。
そして第3位は、次世代の暮らしを見据えた先進技術が魅力的な「へーベルハウス」です。
耐震性・耐久性はもちろんのこと、広々とした空間づくりが多くの方の支持を受けています。

強い地震の衝撃に耐えて家族や財産をしっかり守れるハウスメーカーの住宅

日本は複数の地殻プレートが複雑に入り組んでいる地域的な特性上、常に多くの地震が発生しています。プレート境界型、直下型など、日本国内のどこであっても発生する恐れがあることからそれを避けることは難しいため、住宅の耐震性を高めることが重要となります。
諸外国と比較すると圧倒的な耐震性を実現している日本のハウスメーカーの住宅は、それぞれが技術を競い合い、より高い性能を追求していることもあり、突然発生する強い揺れに耐えて大切な家族と財産を守り抜くことができるようになっています。
2000年代以降に発生し、気象庁の定めた階級で最大の「震度7」を記録した地震は東日本大震災をはじめ複数ありますが、耐震性に優れているハウスメーカーの建設した住宅の多くがそれらの地域であっても倒壊を免れています。いざという事態に、しっかりと大切な家族の命を守り抜いてくれる耐震性の高い住宅は、きわめて高い資産性を有するものと考えて良いでしょう。耐震性の高さはハウスメーカー選びの重要な指針ともなりますので、事前に入念な比較検討をすることがおすすめです。

快適に過ごすためのハウスメーカーの選び方について

最近では、新型コロナウイルスの影響で、自宅にいる時間が長くなったと感じる方は少なくないのではないでしょうか。自宅にいることが多くなった方はより快適過ごせるための自宅がほしいと感じる方は多いです。しかし、今まであまりよく考える機会がなかったために、どのようなハウスメーカーを選べば良いのか分からない方はいらっしゃいます。これから快適に過ごすためのハウスメーカーの選び方について説明していきます。
一番始めに検討することとして、何が一番大切なのかを考えることです。どう言うことかと言うと、仕事が大事だと感じている方は机や椅子などが置けるスペースがあると良いですし、リラックスする場所があった方が良い場合はリビングが比較的広い家を売っているところを選ぶことが大切です。家族全員で暮らすような家を買いたい場合は部屋数が多いところを選択する方が良いでしょう。
このように快く過ごすためのハウスメーカーの選び方は重要です。

大手のハウスメーカーのメリットとデメリット

大手のハウスメーカーはテレビやインターネットなどで大々的に広告宣伝を行っていることが多く、様々な安心できる機能をアピールしていることが特徴となっています。
そのためその機能などがわかりやすく、安心して購入することができると思われがちですが、実際に選ぶ際には慎重に細かなポイントをチェックすることが重要です。
これらのハウスメーカーは非常に知名度が高く、社会的責任を担っている企業が多いため、基本的には悪質な工事などを行うことによるリスクをより大きく感じていることから、その品質管理などは非常に徹底していることが特徴です。
使用する部材等の品質は非常に高く、安心して利用することができる場合が少なくありません。
しかし、大手のハウスメーカーはそれぞれの顧客のところで実際にそのメーカーの社員が作業を行うことが少なく、委託先の地元の工務店などが作業を行うことが一般的です。
それぞれの工務店の施工の力量が異なり、これによって品質の違いが生まれてしまうことがあるため、この点に注意が必要です。

地元のハウスメーカーを利用するメリットとは

住宅を建てる場合には、地元のハウスメーカーを利用すると様々なメリットがあることが多いものです。
金額的には大手の方が安くすることができたり、様々な機能が充実していると言うことも少なくありません。
しかし大手の場合には全国どこでも同じ住宅を建築することが前提となっており、実際にその工事は委託するそれぞれの工務店などが行っていることが多いものです。
そのため、その地域の環境によっては、必ずしも機能を十分に生かすことができない場合もあります。
日本は国土が南北に細長いため、それぞれの地域で独特の環境が存在しています。
また高低差が激しい部分もあり、これによっても周辺の環境が変わるものです。
全国一律の住宅を設計している大手のハウスメーカーでは、このような環境の詳細を把握していないことも多く、これに十分に適用することができない場合も少なくありません。
地元のハウスメーカーであればそれぞれの地域の環境を熟知しており、これを前提に住宅を設計しているため、快適に住むことができる確率が高いのが特徴です。

悪質なハウスメーカーを見分けるポイントとは

ハウスメーカーの中には悪質な住宅を販売したり、様々な行為を行うところもあるので注意をしなければなりません。
住宅は購入して実際に住んでみないとその状況がわからない部分もありますが、事前にこれを区別するためにはハウスメーカーの内部の状況がわかるような情報を積極的に仕入れることが必要です。
1つは、その見積もり金額がないように十分に注意を払うことです。
良心的なハウスメーカーの場合には工事内容や細かな部分の説明が詳細に行われており、またチェックポイントなども明記されていることが少なくありません。
見積書の中に具体的な工事内容等が記載されており、またその工程なども詳細に記載されているので非常にわかりやすいのが特徴です。
2つ目は、金額が相場に比べて極端に安い場合は注意が必要となります。
一般的に住宅の価格は土地の相場価格に対して住宅自身の材料費や工事の費用、及びハウスメーカー側の利益が含まれているため、相場に対して極端に安くなる事はありません。
この点を十分に意識しておくと、悪質なメーカーを事前に見分けることができます。

ハウスメーカーの見積もりのチェックポイント

ハウスメーカーの見積もりをチェックする際には、いくつかのポイントをしっかりと見ておくことが重要です。
一般的にハウスメーカーの住宅であっても作業を行うのは地元の工務店であることが多いため、その作業内容が異なることが多く十分に確認をしないと思わぬトラブルが発生する危険があるためです。
項目が細分化されそれぞれに対して金額が明記されていれば良いのですが、中には工事費一式と言う記載で総額のみが記入されていることも少なくありません。
この場合には具体的にどのような工事を誰が行うのかがわからず、それぞれの費用やその内訳等がわからないため、悪質な工事の温床になることが多いものです。
さらに、見積もりの中に具体的な日程が記載されていない時にも注意が必要です。
工事にかかる日数が明記されていると、具体的に金額の内訳が容易に推測でき、その妥当性を判断することができます。
このような詳細を明記していない場合には悪質な手抜き工事が行われてしまうこともあるため、十分に注意をすることが大切です。

良い住宅を購入するにはハウスメーカーの違いを認識する

良い住宅を購入するためには、自分の理想の住宅の機能を網羅するハウスメーカーを選ぶことが大切です。
実際にはそれぞれ特徴があるため、その特徴を十分に理解した上で、自分の理想を実現できるところを選ぶことが良い方法となっています。
日本では建築基準法が存在し、住宅の安全性や品質は最低限保証されていることが多いのですが、これだけでは快適な生活を営む場所を手に入れる事は難しいのが実態です。
特にそれぞれの地域によって様々な環境が存在しているため、これらに適合し快適な生活を営むためには、対応できる技術を持ったハウスメーカーを選ぶことが重要なポイントとなっています。
ハウスメーカーの中には、耐震性能に非常に力を入れているところもあれば、環境性能に力を入れているところもあります。
それぞれによってコストや快適性、もしくはエネルギー効率などがそれぞれ異なるため、これらの点を十分に自覚することが重要です。
また実際の施工方法や担当者の経験や知識も確認することが必要であり、これらの違いを比較して選ぶことが良い住宅を手に入れる秘訣となっています。

ハウスメーカーに依頼をするときに参考になる2つのポイント

ハウスメーカーに依頼を行うときには、2つのポイントに注意をして判断していくことが重要です。まず、対応してくれるスタッフがどういった人材であるのかということを確認することです。
ハウスメーカーは担当してくれるスタッフがすべてのサポートを請け負ってくれますので、そこでの対応が悪いと良い方向で取引を進めていくことができなくなります。
担当スタッフは職人とのやり取りを仲介する存在として、様々な要求を聞き入れますのでこの部分で対応が悪いと最終的に物件購入の時に関連する不安が大きくなります。
また、そのハウスメーカーがどういったモデルハウスを提供しているのかということも参考にしておくことがポイントです。
その業者が得意としている分野は大きく異なりますので、構造や工法をモデルハウスを通して確認することが大切です。
そこで、本当に自分たちが求めている理想的な住宅を手に入れられるかどうかということを判断することは非常に重要なポイントであるといえます。

デザイン性の高いハウスメーカーの注文住宅

注文住宅を建てたい土地の目処がつき、次のステップとして複数あるハウスメーカーの中から1社を決めなくてはなりません。
1社に絞る際に何を基準にしたら良いのか迷ってしまいなかなか決められないことがあります。家の設備など使い勝手はもちろんですが、それよりも住宅専門誌やSNSで見て憧れているお洒落な家に住みたいなら外観を重視して選ぶのも良いかもしれません。
外観へのこだわりはハウスメーカーによってさまざまです。自分の好みや理想のデザインを手がけているハウスメーカーを選んだ方が、相談した際にこれまでの経験や知識からアドバイスしてもらえることも。
カタログやホームページなどに掲載されている実績を確認したり、複数のハウスメーカーのモデルルームが展示されている展示場に足を運び実際に比較してみると良いでしょう。
依頼先を決める基準はいくつかありますが、見た目の良さや好みの外観にこだわりたいのならデザイン性を重視することがポイントです。

ハウスメーカーに工事を依頼するとメリットいっぱい

ハウスメーカーに工事を頼むメリットは、住宅の品質が安定していることです。というのも、住宅の建築が規格化されている上に、加工実績が豊富だからです。
しかも住宅展示場やモデルハウスを見学すれば完成した家を体感できるので、どんな家ができるのかイメージがつかみやすいでしょう。
具体的なイメージがないままで相談に行っても、さまざまなプランを提案してもらえますし、モデルハウスを参考にしてイメージを膨らませることも可能です。
またハウスメーカーでは高品質の材料を安定して供給できるシステムが整っています。工場で完成させたパーツを現場で組み立てることにより、工期が大幅に短縮できます。
さらにハウスメーカーでは、工事に関する相談だけでなく、インテリアコーディネートや税金などに関する相談や手続きの代行を依頼できるところも多いです。
大手のハウスメーカーであれば、経営基盤がしっかりしているので倒産を心配する必要がありませんから、家が完成した後のアフターフォローも万全です。

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合の値段は高額になるのか

有名な一流ハウスメーカーに新築を依頼することは、一種のステータスとも言えるものです。それは基本的に地元の工務店や地方のビルダーと比較すると、建築費総額が高額になる傾向にあることがその根拠となります。
必ずしもこの傾向に当てはまらないこともありますが、一般的に大手ハウスメーカーの値段は高額というイメージは間違ってはいないものとおさえてよいでしょう。
特に高級な仕様をコンセプトとしている場合や、鉄筋コンクリートなど木造とは異なる建築資材を使用している場合などには、坪単価に換算すると一般的な相場と比較しても割高になることは事実です。
しかし、その分は圧倒的な品質の高さや耐久性、外観の美しさなどを手に入れられることとの引き換えとなりますので、値段の高い一流ハウスメーカーに依頼をして満足度の高い家を手に入れるという考え方は尊重したいところです。
一方で全国展開をしているハウスメーカーの中には、ローコスト住宅に力を入れているケースもありますので、複数の会社から資料を取り寄せて比較検討を重ねていくことが重要と言えるでしょう。

ハウスメーカーによる利点はどのようなものか

今やハウスメーカーは国内にたくさんあり、マイホームを建てるときに、どこがいいのかを勘案することでしょう。
ハウスメーカーにはそれぞれ得意とする分野がありますので、自分がこのようにしたいと思えば、そこを得意とするメーカーに依頼することです。とにかく利点と呼ばれるのは得意分野をしっかり把握しておくことです。
資料を無償で提供してくれますので、資料を参考にするもいいですし、ハウスメーカーの展示会に足を運ぶのもいいです。
特に展示会には担当者が常備していますから、わからないことを何でも気軽に相談してくださいますので、質問をしてみてください。一生住む家となるわけですから後悔しない建物にしましょう。
そのためには家の青写真を早めに作っておくことです。想像だけでは曖昧になりますから、具体的な構想をメモ書きしておくのです。
そうすることで立派な青写真ができあがります。快適で居心地のよい空間の家づくりを目指していきましょう。

ハウスメーカーに関する情報サイト

群馬のハウスメーカーをご紹介